イタチ退治なら専門家にお任せあれ『害獣対策百科事典』

男性作業員

撃退方法は様々

作業員

イタチの退治をする時には捕獲と追い出しの2種類で行なわれることが多くあります。捕獲をする場合、専用の許可が必要となるので注意が必要ですが、業者に依頼しておけばスムーズに進められます。

詳しくはこちら

被害は多い

家

イタチは生活に様々な被害をもたらします。最も代表的なのが騒音や排泄物による被害でしょう。加えて、肉食ということもあり、ペット等の食害を引き起こす可能性もあります。やはり迅速に退治をすることが肝心でしょう。

詳しくはこちら

被害が増えてきている

イタチ

見かけは可愛らしい

愛らしい表情をしており、国内でも昔から多くの地域に生息しているのがイタチです。見かけは可愛らしいイタチですが、最近住宅に被害を加えるようになっているのです。住宅の天井裏等に巣を作り、人間の食べ物を食べ散らかしたり、ペットを襲ったりすることもあります。もしも住宅の中でイタチを発見したという場合は、早急に退治するのが良いでしょう。天井裏で騒音がする、イタチの尿や糞によって天井にシミが出来ているという場合はイタチの存在を疑うことも大切です。イタチは放っておくと住宅も蝕んでいく生き物です。断熱材などを巣にして荒らすことが多いので注意が必要です。

主に2種類いる

国内に生息しているイタチは主にニホンイタチとチョウセンイタチの2種類となっています。チョウセンイタチの方が比較的サイズは大きいでしょう。都心部などで発見されるイタチのほとんどはチョウセンイタチで、現在その数も増え続けています。そんなイタチを退治する時には、イタチの性質を理解しておく必要があります。イタチは臭いに敏感な生き物となっています。その嗅覚を上手く利用して追い払うのが良いでしょう。最近ではイタチ退治グッズ等も多く誕生しています。業者に依頼して本格的に退治してもらうのと同時に、自分で出来る対策も行なっておくことが大切です。忌避剤などのグッズを利用するのと同時に、侵入口を防いだりエサを与えなかったりすることも肝心です。

調査は慎重に行なう

作業員

害獣退治をする時の調査というのは非常に重要です。しっかりと調査をすることによって正しい方法で確実に退治をすることが出来るのです。業者がイタチ退治をする場合、糞や尿、巣の痕跡から退治方法を組み立てていきます。

詳しくはこちら